たとえ辛い時でも救いの手はある

生活苦だと人に会い辛い

生活苦になってしまって1番良くないのは、他人と会う機会が減ってしまうことです。友人にしろ、知人にしろ、会うとなればそれなりの席で食事をしたり、お酒を飲んだり、カフェでお茶したりなどしなければなりません。

 

もちろん、そんな風にお金をかけなくても「ただ会うだけ」ということができなくもないですが、大人になればなるほどそれはできないものです。

 

ただ、それなりの席を設けるとなればやはり安くないお金がかかってしまい、生活苦のときはそのお金を出すことに対して躊躇してしまいます。それは、本当に千円、2千円、高くても数千円レベルの話で、まともに働いて給料のある人ならば些細な金額なのかもしれません。

 

しかし、生活苦に喘いでいるときというのは、100円でも大事にしなければならないという気持ちが強く、人と会うためだけに飲食代で千円以上はなかなか使えないものです。
ただ、そうして飲食代を惜しんで人と会わずに生きていると、人生にメリハリがなくなってしまい何も変化がありませんから、ますます決まりきった人生を歩むことになり、必然的に生活苦も続いていきやすくなってしまうのです。

 

ですので、たとえ生活苦であったとしても人と会うことだけはなるべく積極的にしていかなければならないのです。

 

生活苦について悩んだ時にはお金を借りて楽にする

子供が何人もいる家庭は、生活苦について考える事があります。
特に、生後間もない子供がいたり、幼稚園になる子供がいる場わいには、生活苦になる事があります。

 

子供の世話がかかり、母親も働く事ができない事があります。子供が多ければ多いほど、子育てに追われて仕事ができなくなります。

 

それに、その子供が小学校や中学校に通うとなると、学費や食費がかかってきます。大学まで行くとなると、生活苦も長くなる事があります。

 

親も元気なうちはいいですが、働けなくなれば、より生活苦になります。
病気になってしまったり、事故で働けなくなる事もあり、子供にも負担がかかってきます。

 

そんな時の事を考えて、多くの人は保険に入っています。
生活苦で家族が苦しまないように、保険があるのです。

 

保険に入っていないで、車で事故を起こした時、車の修理代や相手への弁償などにも、多額の費用がかかってきます。
保険に入っていなかった為に、その支払いで生活苦になる人もいます。
やはり、そういった事を考えると、自動車保険に入っておいた方が無難です。

 

生活苦の人は、ローン会社お金を借りる事があります。
お金を借りれば、生活苦も楽になります。ローン会社は、そんな人の強い味方でもあります。